日熊行燈

枕元にカステラを置いて寝ています

捧ぐ

星野源が人に受ける歌詞を作り始めた。

そんなこんなで東京という街はトランプ氏が支配を始めた。

もともとひどいものだった。お前らの顔には自分が満足するために動く、仁義という概念を永劫持つことのない女たちへの憧憬があった。そしてお前らはなぜかそういう奴らを愛することができた。俺は思った。こんな世界はどうでもいい。そして素早く行動に移る事にした。ルミネでルームディフューザーを購入したのだ。アロマの香り。心に澄み入るラベンダーと、リラックス効果のあるオレンジ、そして睡眠薬5錠のブレンド。

これで今夜はゆっくり眠れるってものだ(煙草の火が絨毯と周りの本、そしてお前らが立ち向かうことができなかった心底悪い奴らへと燃え移って行くのを見た。それは夢物語で、人間は人を殺せばすぐにバレるが、幸せになるために努力すると様々な困難に邪魔される)

 

コンプソンとカラマーゾフの家系以外に素晴らしい事を言った人々がいただろうか。

俺はそう言いながら数多の人間に殴られていて(そして不能の精神を植え付けられながら)、

一方でギロチンでそいつらを処刑していた。俺は何に向かって歩いているのかすらわからず、ただ文学の世界に飽き始めていた。この世の本質を教えてくれたチンピラと小説達。彼らには感謝している。しかし後は私がやらなければならない。何を?

俺はただ匂いのする場所に座っていて、人の価値観や格を嗅ぎ分けることしかやっておらず、後は淡々と義務を果たし続けるだけだった(死んだ父親が言っていた、俺はまだ生きている、とても残念なことに)。星野源が大衆受けする歌詞を作り始めた。人生が詰まっている話だ。そうして俺は何を正しいとか、そういうことも思えないまま。そして人が味わっているものが理解できず、そこに行けば幸せになれると思っていた。そこに行くことに内蔵を吐き出さなければいけないのに。結局あなた達は私と近くて遠いところにおり、愛をまとっており孤独に強い。そしてそんな人間たちに愛を求めるしか無い自分に小説は役に立たないと感じた。コーヒーの香り。メキシコの煙草の味。石になっていき崩れ落ちるペドロ・パラモ。香水の香り。そんなものが私であり、三日月は俺のためにシチューを作って待っていた。あんたの顔が何年たっても忘れられない。あんただけが信用できると思っていた。あなたなら諦めた考えを明るい光で照らしてくれると思っていた。あなたはもう俺の記憶から消え(あんたの記憶からも俺が消え)恋人の韓国人だけが残る。

俺はこの世に溶けていく。その上でギロチンは役に立たなかった。そして蝶が飛んでいるような夏の朝を迎え、そして俺は朝そのものになっている。そんな事を願う。